子育てのヒント~コーチング~

子どもに毎日怒っちゃうお母さん(お父さん)、イライラしちゃうお母さん(お父さん)こそ、コーチングはおすすめです

承認

行動編

行動編

よく効く7つの決めワザ

コミュニケーションの手法や、考え方、心構えの中から、子育ての現場で役立つ決めワザをお教えしましょう。

スキルといっても難しい技術がいるわけではありません。

コツがあるとすれば、とにかくやってみること。

使ってみることです。

最初はぎこちなかったり、うまくいかなかったりするかもしれませんが、繰り返していくうちに自然とできるようになります。

その頃には、子どもにも大きな変化が現れているでしょう。

気に入った決めワザをいくつか、心のポケットに入れておいてください。

そして、子どもがだだをこねたり、言うことを聞かなかったり、イライラしたり、爆発しそうになった時はポケットから取り出し、思い出して実行してみてください。

決めワザ1 気持ちを受け止める

子育てコーチングの最大のツボ、それは「子どもの気持ちを受け止めること」に尽きると思います。

心理学やカウンセリングの用語でいうと「承認」ですが、要は子どもが投げかけてくるさまざまなメッセージ(言葉、行動、表情など)をキャッチすることです。

子どもがボールを投げてくれたら、どんなボールもまずすっぽり受け止める。

そして「キャッチしたよ」と伝える。

バッターになって打ち返すのではありません。

よそ見したり無視したりするものでもありません。

これさえできていれば、親が少々厳しかろうが、甘かろうが、いいかげんだろうが子どもは安心して育つことができると思います。

反対に、受け止めることができていないのに、どんどん働きかけたり、押しつけたり、コントロールしようとしたりするのは、例え子どものためによかれと思ったことでも逆効果ではないでしょうか。

受け止めること。

よく見て、よく聞いて、気持ちを分かってあげてそれをきちんと伝えることは、スキルというよりも子どもに対して常に意識していたいという、“心構え”かもしれません。

「気持ちを受け止める」のは「子どもの言うとおりにすること」では決してありません。

「学校に行きたくない」と言ったからといって、「そうか。じゃ、行かなくていいわよ」と賛同するわけではないのです。

どんな事情があったかはまだ分からないけど、とりあえず「行きたくない」という子どもの気持ちを「あなたは今、学校に行きたくない気持ちなのね」「お母さんお父さん)はそのことを分かっているよ」と伝えてみましょう。

スーパーで「お菓子買って~!」と泣く子に対して、「分かった、分かった。買ってあげる」と甘やかすのではなく、「何言ってるの!」「そんなこと言わないっ!!」と頭ごなしに否定するのでもなく、「そっか、お菓子が欲しいんだね」と子どもの気持ちを汲んであげるのが「承認」です。

その後、お菓子を買ってあげるのか、買わないのかは別問題で考えていきましょう。 (さらに…)

小学生になったギャーゴは…

小学生になったギャーゴは…

時は流れ、小学生になったギャーゴ。

保育園とは違って、8時には家を出て、6年生のお兄ちゃんと一緒に学校まで歩いて行くのが決まりです。

いつもパワフルで好奇心マンマンのギャーゴも、“初めての環境”には弱いようで、登校初日はお兄ちゃんに少し遅れて、静かに歩いていたそうです。

しかし、1週間もすればクラスのお友達も増えて、自由帳に10人くらいの名前を書いて帰ってきて、「今日、お友達になった!」とニコニコ報告したり、毎日学童保育所でクタクタになるまで遊んで、夕食前には熟睡したりと、学校生活は順調に過ぎていっていました。

ところが、ついに……というか、突然「学校行きたくない!」と言い出したのです。

「何言ってるの。お兄ちゃん、もう行っちゃうよ」ギャーゴママは最初軽く流してみましたが、ギャーゴは動く気配がありません。

どうやら眠いから、面倒くさいからではないようです。

「なんで行きたくないの?」一度はそう言ったものの、ギャーゴママの心は千々に乱れます。

ここで思い出したのが、Mコーチに言われた「承認」の大切さ。

「こうしたい!」というとおりにやらせればいいわけではないけれど、「こうしたい!」という気持ちだけは受け止めてあげることが大事だということ。 (さらに…)