子育てのヒント~コーチング~

子どもに毎日怒っちゃうお母さん(お父さん)、イライラしちゃうお母さん(お父さん)こそ、コーチングはおすすめです

イライラ

“完璧”より“ほぼ良い”

“完璧”より“ほぼ良い”

ある雑誌で「子どもに対するイライラや怒りをどう鎮めるか」といったテーマに対するいろいろなアイデアを掲載していました。

  • 隣の部屋に行く
  • トイレにこもる
  • クッションなどを壁や床にぶつける
  • 誰かに電話してグチを聞いてもらう
  • 赤ちゃんの頃の、子どもの写真を見る
  • 何かを書きつける
  • お父さんに当たる
  • 「ま、いいか」と声に出して言う

この、実際に声を出して言うのがミソ。

子どもに対してイライラしている時は、肩や眉間にぎゅーっと力が入っているもの。

こんな状態では何を見ても聞いても、悪いようにしか捉えられません。

焦ってご飯を作っている時に「何かやる! 何かやりたい!」とぐずりだしても、子ども部屋で兄弟(姉妹)げんかが始まっても、「ま、いっか♪」この一言が、あなたを助けてくれるかも?

そんなストレス解消やリラクシングの方法が、たくさんあるといいですよね。

まず、多少は自分の気持ちをコントロールできないと、子どもへのコーチング的アプローチはできません。

頑張って頑張って、頑張りすぎて疲れている親御さんへ。

完璧でなく、ほぼ良い親でいいんです。 (さらに…)

事例編

事例編

あなたもコーチングの考え方や具体的なスキルを使って、実際に気づいている問題にチャレンジしてみませんか?

とにかくまずは試してみることです。

やってみて子どもの、自分の変化を観察してみましょう。

何らかの変化があると、続けていることが楽しくなります。

ただ気をつけたいのは、いくら変化があるからといっても、その変化にはさまざまな幅があるということです。

ダイエットでも1kg近くやせることもあれば、1週間前と変わらなかったり、逆に少し増えてしまったりしますが、続けていれば体はだんだん軽くなります。

コーチングも半年続けていれば、きっと気分が軽くなります。

慌てず、焦らず、変わらないことを嘆くより変わったところを見つけ、認め、楽しみながら取り組みましょう。

「自分の気持ちがどれだけ楽になったか」「前より子育てが楽しめるようになったか」「子どもの笑顔がどれだけ増えたか」といった変化を、効果の指標にしてください。 (さらに…)