子育てのヒント~コーチング~

子どもに毎日怒っちゃうお母さん(お父さん)、イライラしちゃうお母さん(お父さん)こそ、コーチングはおすすめです

だだ

最終的な“代案”は子どもに言わせる

最終的な“代案”は子どもに言わせる

強烈なだだには、ひたすら壁になって対抗していると、ギャーゴを始め子どもたちも泣き叫びながらこう思うのでしょう。

「こりゃ、いくらだだをこねても無駄だ」と。

しかしこんな時、お母さんは良く解決策を提示しようとします。

例えば、「おもちゃ買って!」というだだなら、「今度誕生日(クリスマス)にね」「お父さんに聞いてからね」「お菓子ならいいよ」とか。

だだの初期ならまだいいのですが、末期モードになると「やだやだやだやだやだやだやだやだやだぁぁぁぁぁっ!!!!!!」と、火に油注ぐ結果になることもしばしばあります。

では、プレイランドの例で見せた、しわがれ声で泣き叫びながら「じゃあ、今度来た時、ゲームをいっぱいするからね!!」と、ギャーゴは自分から代案を出したパターンはどうでしょう。 (さらに…)

抱っこだけでもOK

抱っこだけでもOK

ギャーゴの訴えに対して、そのままリフレインを繰り返すことで気持ちを受け止めていると、もう1つの気づきがありました。

それは、言葉は必ずしも必要ではなく、時には言葉がなくても子どもは受け止めてくれることでした。

抱っこされるだけで、悲しさや悔しさがやわらいでいくようです。

だだへの対処法が見えてきた

ギャーゴママのコーチングの主要テーマだった“ギャーゴのだだ”は、その後どうなったのでしょうか?

1ヶ月、2ヶ月と経つにつれ、ギャーゴママの気持ちはどんどん軽くなっていきました。

コーチングのセッションでも、「この1週間は、決定的なだだはありませんでした」「だだが始まっても、大泣きにならなかった状態が2、3回ありました」という言葉が増えてきました。

それまでは、ちょっとしたことでだだが始まると、いくらこちらが気持ちを理解しようとしても、話が分からない、言い分もころころ変わるといった状態。

最初は聞き分けよく接していても、そのうち声が荒くなって「何が言いたいの!?」「どうして分からないの!?」となってしまう。

ギャーゴはギャーゴで「ぎゃああああああああああ!!!!!!!!」と爆発モード。 (さらに…)