子育てのヒント~コーチング~

子どもに毎日怒っちゃうお母さん(お父さん)、イライラしちゃうお母さん(お父さん)こそ、コーチングはおすすめです

子育てにもコーチングは効く?

1人じゃないから

1人じゃないから

子育てはマラソンに似ています。

長い道のりを先も見えないまま走る。

山あり谷あり、日照りもあれば暴風雨、雷の日も。

マラソンと違うのは、どんなにしんどくても体調が悪くても「やーめた!」と棄権することは許されません。

実際に走るのは自分でも、一緒に走ってくれる人がいれば、つらさは半分に、喜びは2倍になるのでは……子育てのコーチングをするコーチは、この“伴走者”に似ています。

沿道で旗を振って応援してくれる人ではなく、同じ伴走者でも車の上からメガホンで指示やアドバイスを与える人でもなく、ただ一緒に走ってくれる、同じように息をして、同じように坂道のつらさを味わい、同じようにゴールの喜びを感じてくれる……。

もちろん、時には具体的な指示やアドバイスも効果があるでしょう。 (さらに…)

繰り返しが効く!

繰り返しが効く!

コーチングが最初にくれたものとして、何度も自分を振り返る時間をくれることもあります。

「分かっていることとできることは違う」ように、人間、一度できたからずっとできるとは限りません。

例え客観的な視点を持って子どもを見つめることができたとしても、日々の生活の中でそれを忘れていく、薄れていくわけです。

ところが、コーチングは否が応でも週1回、いろいろな気づきや発見や約束を思い出させてくれます。

ギャーゴママが電話を入れると、「お待ちしていました。この1週間、ギャーゴちゃんはどうでした?」「聞いてくださいよー。実は……」と報告したくてウズウズしていたギャーゴママ。

「……でもまあ、この1週間は決定的なだだもなく、私もカッとならずに済んだんです」「よかったですね。では、今回うまくいった勝因は何だと思います?」「そうですねー。1つはやはり客観的に見ることができて、ギャーゴの感情に巻き込まれなかったこと。最近仕事がそう忙しくなく、時間的な余裕もあって気持ち的に余裕が生まれたというか……。ということは、常に自分で意識して、時間的余裕が持てるよう心がけるということですね!」

目からウロコ状態のギャーゴママ。

さっそく明日から30分早く起きてみることにし、その結果を次のセッションで報告することになりました。 (さらに…)

初めてのコーチング

初めてのコーチング

ギャーゴママは、メールで打ち合わせていた時間に電話をかけました。

まずは、1時間の無料お試しコーチングです。

「お待ちしていました」電話を受けてくれたMコーチにしゃべること、しゃべること! 約1時間、仕事のこと、家族のこと、子育てやら自分の生い立ちやらコンプレックスまで電話の向こうの相手にしゃべっていました。

ここまでは普通に「友達にグチを聞いてもらってストレス解消」と、そう変わらないかもしれません。

ただ、友達は“自分のこと”もしゃべります。

さらに、アドバイスや経験もしゃべります。

しかし、コーチはただしっかりと、とことん聞いてくれます。

ここで既にコーチの術中にはまっているかもしれません。 (さらに…)